破魔弓

破魔弓

破魔弓の由来

hamayumi_img_1破魔弓は、平安の頃から魔よけの意味での破魔弓神事や年占い神事が行われていました。「はま」は弓矢でいる的、もしくは射的の競技を意味する語で、後に「破魔」の字をあて、魔を射る矢と解されるようになりました。破魔弓が現在のように装飾品として飾られるようになったのは、鎌倉時代からだといわれています。その頃から、特に城下町を中心に武家や町人の間に、男児の初正月の祝いに破魔弓を贈る習慣が生まれ、それが全国に広まりました。江戸時代に入ると破魔弓は、飾り物・贈り物として盛んとなり正月の飾りの代名詞としての地位を確立しました。その気持ちは今も変わらず受け継がれ、男児の初正月には破魔弓が悪魔を追い払い、雄雄しく力強く健やかに育てという願いを込めて破魔弓は飾られます。

破魔弓選びのポイント

サイズ

羽子板と同様に飾る場所により、購入サイズをお決め下さい。破魔弓は魔を断ち切るという言い伝えにより、季節に関係なく飾られてはいかがでしょう。床の間など設置場所としては最適です。

種類

大まかな種類としまして兜飾りや太刀の付いているにぎやかな装飾のものや、弓と矢の素材を生かしたシンプルなタイプが有り、お好みによりお選びください。